MENU

所得証明無しで利用可能な専業主婦キャッシングとは

総量規制が2010年に施行されて以降、借り入れは年収の3分の1まで制限されるようになりました。
これにより、収入自体がない専業主婦は借入可能額が0ということになり、借り入れができない状況になってしまいました。

 

総量規制が施行される時期には、『これで専業主婦はキャッシングできなってしまう』と話題になりました。

 

しかし、総量規制が対象になったのは消費者金融のことで、当サイトで紹介している銀行系カードローンなら借り入れすることが可能です。

 

所得証明の解説の前に、まずは総量規制施行後になにが変わったのか。
消費者金融と銀行系カードローンの違いについて覚えておいてほしいと思います。

 

消費者金融

無謀な金利が問題視され、総量規制が施行されました。
これによって、収入のない専業主婦が消費者金融で借り入れをする場合は、
旦那さんの所得をもとに審査することになります。

 

旦那さんの所得証明を用意するということは、旦那さんに言って所得証明をもらう必要がありますから、バレずに内緒で借りるということは無理ですね。

 

どうしても消費者金融で借りなければならない事情があるなら旦那さんに相談して了解を得るしかありません。

 

銀行系カードローン

消費者金融に対して、銀行系カードローンは総量規制の対象になっていません。
ですから、旦那さんの収入証明等が必要なく、本人の身分証明さえあれば申し込みをすることができます。

 

バレることなく旦那さんに内緒で借りたいのなら銀行系カードローンをおすすめします。
専業主婦の場合は収入がないので審査にはご主人の年収をベースに審査されますが、これが自己申告となっているため内緒でキャッシングすることが可能です。(バレる可能性を下げることができると言ったほうが適切でしょうか)

 

まとめ

 

銀行系カードローンも消費者金融も、申し込みはネット上や窓口、無人契約機で可能です。
余談となりますが、無人契約機で申し込むとしても消費者金融の場合ですと看板が立っていたり建物に消費者金融の業者名がでかでかと書いてあったりしますから、いくら中は個室になっていてプライバシーに配慮されているとしても、外装がその有り様ではプライバシーが守られているとはいえないのではないでしょうか。

 

知り合いにばったり会うかもしれませんし、旦那さんが偶然入るところを目撃しているかもわかりません。
銀行系カードローンの無人契約機で申し込むのであれば、銀行ですから誰に見られても大丈夫でしょう。

 

ご主人に内緒で借り入れをしたいという方には断然銀行系カードローンをおすすめします。