MENU

専業主婦のキャッシング審査は電話確認をする場合があります

専業主婦は家庭をやりくりするために急な出費にみまわれることも少なくないでしょう。 冠婚葬祭、病気など予想していない出費や、どうしてもまとまったお金を用立てなければならない場合のために貯金をしておくのが一般的ですが、貯金では間に合わないときもあるでしょう。
病気の場合は保険を使えますが、それでも不測の出費は痛いでしょう。

 

お金を工面しなければならない場合、両親や兄弟、または友人などに借金するのもひとつの手ですが、それをきっかけに関係が悪化する場合が多々ありますから、できれば身内や友人にではなく個人的に業者から借金することで解決したいと思う方が多いのではないでしょうか。

 

家族(旦那)に内緒でキャッシングしたい場合

家族・旦那様にも内緒でキャッシングを申し込みたい場合は、銀行系カードローンしか選択肢はないと言えます。

 

まず消費者金融(サラ金)を考えたかもしれませんが、消費者金融は2010年に総量規制が施行されてからは、借り入れは年収の3分の1に制限され、専業主婦の場合は旦那様の所得証明が必要となります。
旦那様の同意があって所得証明を用意できるという場合は借り入れすることが可能ですが、専業主婦で借り入れを希望しているということは旦那様には隠してキャッシングをしたいということでしょう。

 

「銀行系カードローンなんてもっと審査が厳しいんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、銀行系カードローンは総量規制の対象外ですから、専業主婦でも借り入れをすることが可能です。
専業主婦ですから、審査は旦那様の所得をもとに審査されるのは消費者金融と同じですが、銀行系カードローンの場合は所得額は自己申告で、所得を証明する必要がありません。

 

電話確認でバレない方法

とはいえ、審査の際には記入した住所と電話番号がまちがいないか所在確認のために電話確認がされる場合があります。
この電話確認がバレる原因として最も大きいといえるでしょう。

 

金融会社の電話確認では審査担当が会社名を告げずに(このへんは気を使ってくれているらしい)電話をかけてきますが、個人名とはいえ普段電話を掛けてきたことがない人からの電話ですから、「誰?」と聞かれる可能性は高いでしょう。
このときに自然な返答で取り繕えるなら問題ありませんが、不審感は少なからず生じるでしょう。

 

予防線を張っておくために、審査時に「電話確認の際には◯◯◯と名乗ってください」と希望を指定しておきましょう。
友達の苗字や会社名などを指定しておけば、よっぽど疑り深い性格の旦那様の場合か奥様の日頃の行いが悪くない限り不審に思われることはないでしょう。