専業主婦 即日融資 ブラックリスト

MENU

専業主婦がキャッシングする際、ブラックリストだった場合

貸金業法で総量規制が施行された2010年以降、借入額は年収の3分の1までに規制されたため本人が無収入の専業主婦が借金することは不可能となっています。
消費者金融で借り入れをする際には、配偶者である旦那様の収入証明と婚姻関係を証明する必要があります。

 

つまり、旦那様の信用で借金をするということですね。

 

銀行系カードローンに申し込む際も旦那様の収入を申告する必要がありますが、
こちらは収入証明を提出する必要がない(自己申告でOK)ため、専業主婦でもキャッシングを受けることは可能です。

 

旦那様がブラックリストだった場合

「旦那様の信用によって借金をする」と先述しましたが、銀行系カードローンの審査の場合でも同じです。
ですから、旦那様がブラックリストの場合。この場合は審査に通ることは難しいです。
複数の金融業者で借金をしていたり、年収の3分の1を超える金額の借り入れがある場合、過去に返済遅れが多かった場合は、信用情報に照らすため厳しいでしょう。

 

借金に関する信用情報はCICという機関に登録されています。
クレジットやローンの利用状況が登録されており、クレジット会社が信用を判断する際に使われています。
ちなみに、CICは1000円支払えば自分の信用情報を開示することができます。

 

開示はパソコン、スマホ、携帯、郵送、窓口で受け取ることができます。

 

情報開示を本人申請するには、「氏名」「生年月日」「性別」「郵便番号・住所」「電話番号」「勤務先名」「勤務先電話番号」を記入することで申請することができます。